くるみ割り人形

「くるみ割り人形」クラシック・バレエ

1892年上演。

作曲:ピョートル・チャイコフスキー。

台本:マリウス・プティパ。

振付:マリウス・プティパ。レフ・イワノフ。

物語:
 クリスマスの夜、シュタリバウム家の娘クララは、クリスマスパーティーで人形芝居のおじさん、ドッセルマイヤーさんから、くるみ割り人形を貰います。その日の夜、くるみ割り人形を見に居間に行ったクララは、12時の鐘と同時に不思議な世界に入りこんでしまいます。
 そこで、クララはネズミの大群に遭遇し、くるみ割り人形が率いるおもちゃの兵隊と一緒に戦うことになります。しかし、くるみ割り人形はネズミの王様に捕まりそうになってしまいます。クララは必死になって、ネズミの王様にスリッパを投げつけます。それは、みごとにネズミの王様にあたり、くるみ割り人形を助けだすことが出来ます。すると、人形は素敵な王子様になったのです。王子様は、お礼にクララをお菓子の国に招待します。そして二人は共にお菓子の国に向けて旅立っていきました。
 まず、雪が降り積もる銀世界に行きます。その中を歩いていくと、雪の精たちが美しい踊り「雪のワルツ」によって二人を歓迎してくれます。
 そして、次はお菓子の国。そこでは、「アラビアのコーヒーの踊り」、「スペインのチョコレートの踊り」、「中国のお茶の踊り」「花の精の踊り」、そして最後に「お菓子の国の金平糖の精と王子の踊り」が繰り広げられます。
 クララはしあわせな気分を味わいながら、目を覚まします。そこで、彼女は全てが夢の中の出来事であったことを知ることになります。