吉田 都(よしだ みやこ)

吉田 都(よしだ みやこ)

1965年10月28日生まれ。A型。東京都国立市出身。9歳からバレエを始める。
 主なレバーとリーは、「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」、「ジゼル」、「シンデレラ」、「ドン・キホーテ」、「ロミオとジュリエット」など。確かなテクニックをもち、小柄(身長158cm)ながらも存在感があり、日本だけでなく英国でも人気の世界的バレリーナ。

1983年 ローザンヌ国際バレエコンクール スカラシップ賞を受賞。英国ロイヤルバレエ・スクールに入学。
1984年 サドラーズ・ウェルズ・バレエ団(現在のバーミンガム・ロイヤル・バレエ団)入団。
1988年 プリンシパルに昇格。
1991年 イギリスの雑誌より、「ダンサー・オブ・ザ・イヤー」に選出。
1995年 ロンドンのロイヤル・バレエ団に移籍。
2004年 ユネスコの平和芸術家に任命される。日本人ではバイオリニストの二村英仁に次いで2人目。
2005年 遠藤貴氏と結婚。
2006年 熊川哲也率いる熊川哲也Kバレエカンパニー(東京都)に移籍。
2007年 英国ダンス批評家賞National Dance Award Critic's Circleより最優秀女性ダンサー賞Richard Sherrington Award for Best Female Dancerを受賞。
2007年12月12日 英国の文化・メディア・スポーツ省は大英帝国勲章を授与することを決定。

個性的でダイナミックな熊川さんとの共演でも、ひけを取ることなくこなす彼女のバレエは最高です。