熊川哲也(くまかわ てつや)

熊川哲也(くまかわ てつや)

1972年3月5日生まれ。A型。北海道出身。10歳でバレエを始める。
 車好きなことで有名で、フェラーリやベンツ、ポルシェ、マイバッパなど数台を所有しています。
 日本人ダンサーの中で一番有名なダンサーと言えるでしょう。主なレパートリーは、「ドン・キホーテ」、「白鳥の湖」、「ジゼル」、「海賊」、「くるみ割り人形」など。
 テディというあだ名は、苗字の熊=テディベアと、「不良」という意味のテディから来ているそうです。彼のダイナミックでスピード感あふれる回転やジャンプの高さは超一級です。世界のプリンシパルと呼ぶにふさわしいダンサーです。また、個性が強く、カリスマ的な要素をそなえています。

1989年 第17回 ローザンヌ国際バレエコンクールで、日本人初の金賞を受賞。ロンドンのロイヤル・バレエ団に東洋人で初めて入団する。バレエ最年少でソリストになる。
1993年 プリンシパルに昇格する。
1998年 映画「F」に俳優として主演し、第22回日本アカデミー賞を受賞する。
1999年 ロイヤル・バレエ団を退団して、Kバレエカンパニーを設立する。芸術監督として、プロデュースや演出、振付なども行なう。

とにかく、日本における有名バレエダンサーは、この人を抜きにしては語れません。