バレエシューズ

選び方:

なんといっても、いろいろ試してみるのが一番良い方法です。どれも同じように思えるかもしれませんが、何足も履いてみると、履き心地の良さや、立ちやすさなどに違いがあることを実感するでしょう。また、履いてみる時には、実際に動いて確認することも大切です。
チェックポイントを書いておきます。

@同じサイズのものでも、足の幅(ワイズ)が違うものがあるのでチェック!D幅(普通)、E幅(広め)などがあります。

A甲の高さも高いものと低いものがありますので、履いたときに甲に当たってきつく感じるなら、もう少し高めのものを。また指が軽く入ってしまうような場合は、低めのものに変えたほうがよいでしょう。

B足先のタイプも、ギリシャ型(足先が山形になってる)、エジプト型(親指から小指にぬかって下がる)、スクエア型(四角い形になっている)があります。

素材は、布、川、サテンとあります。これから始めたいと考えている方には、布製でゴムで止まるシューズが無難かもしれません。布製の方が足にフィットして、床の感触を直に感じることができます。サテンの物は見栄えは良いですが、滑りやすいという弱点があります。また、革製の物は耐久性に優れています。足の甲の部分がゴムなら調整が利くので、足には良いかもしれませんが、比較的、高額になってしまうことと、手入れが面倒という弱点があります。それぞれに、お好みもありますので、よ〜く考えて購入してください。


お手入れ方法:

レッスン後に、すぐに乾燥させるなら、長持ちします。これは結構、大切です。市販のカビ防止スプレーや洗浄効果のあるスプレーを使うことも出来ます。
革製のもは、ブラシでやさしくブラッシングし、固く絞った布でふきます。形を整えて、風通しのよい場所で陰干しします。